長野県最南端の秘湯と秘境の里・山と渓谷に囲まれた里山がここにあります

信州遠山郷

遠山郷観光協会/長野県飯田市南信濃かぐらの湯となり
Tel0260-34-1071 http://www.tohyamago.com/

地図

埋没木が語るもの

埋没木が語るもの

  • 00maibotu埋没木

 谷がするどく切れこんでいる遠山川流域では、今も昔も土砂崩れが後を絶ちません。
 過去には、地震や洪水によって遠山川が堰き止められ、突如として巨大なダム湖が出現した時期もあったようです。
 そうした災害の歴史は、村内の地名に残されています。
 たとえば和田の「夜川瀬」という地名は、享保3年(1718)の大地震により、盛平山の一角が崩れ、一夜にして瀬(川原)ができたことに由来しますし、その近くの「押出」という地名も、文字通り土砂が押し出てきたことに由来します。

 遠山における江戸時代の災害の歴史は、村に残された古文書などに記されていますが、それよりももっと昔はどうだったのでしょうか。
 そんな古代遠山の災害の爪あとを今に伝える証人が、遠山川の小道木橋やその下流付近に見られる埋没林です

▲PageTop

飛鳥・奈良時代に集中

 近年、遠山川の河床が低下し、土砂の中から大量の埋没木が姿を現しました。その数は51本にも達し、その半数は立ったままの姿で地中に埋もれていました。
 埋没していたのはヒノキやケヤキを主とした混合林で、かなりの密度で茂っていたようです。中には樹齢千年は超えていただろうと推測される巨木もあります。
 これらは他の地域の埋没木と比べると新鮮な色を保っており、その心材の強度も現生木に劣りません。その理由は遠山川の清流に浸されていたためと思われます。
 そして、これらの埋没木に残されている一番外側の年輪の時代を「年輪年代測定法」。によって調べてみたところ、面白いことがわかりました。  どの木も西暦556年~710年の、飛鳥・奈良時代に集中していたのです。

埋没木年代測定結果
No 採取場所 樹種 年代(西暦)
1 畑上 ヒノキ 687年
2 小道木 ヒノキ 600年
3 小道木 ヒノキ 609年
4 小道木 ヒノキ 556年
5 小道木 ヒノキ 657年
6 小道木 ヒノキ 710年
7 小道木 ヒノキ 682年

▲PageTop

山川での災害と埋没木

  • 00umaru木沢小学校に展示されている埋没木

 もちろんこれらの測定年代は、埋没木の年輪の保存状態によって結果が異なります。
 木の表皮が残っていない限り、その木がいつ埋没したかの正確な結果は得られません。
 木によって年代の測定結果が異なるのはそのためですが、どうやらこの時代、少なくとも西暦710 年から間もない頃に、何らかの大災害がこの遠山谷に起こったことは確かなようです。

 じつはちょうどその頃に、遠江を震源とする巨大地震が発生していたことが、朝廷の歴史書に記されています。
 『続日本紀』によれば、霊亀元年5月25日(西暦715年、新暦7月14日)に、 「山崩れ天竜川を塞ぐ、数十日を経て決壊し、敷智、長下、石田の三郡、民家170余区を没し、あわせて苗を損ず」 とあります。
 また『日本略記』にも同じ年に 「遠江の国で地震が起き、土砂が崩れて麁玉河(天竜川の古名)の水が堰き止められ流れなくなった」 と書かれています。
 『扶桑略記』はこの災害を和銅7年(西暦714年)の出来事としていますが、記されている内容は他の史料と一致しています。
 天竜川ほどの大河が数十日間も堰きとめられたというのですから、それを伝える地名や痕跡が流域に残されていそうなものですが、現在のところそれらしき資料は天竜川沿岸から発見されていません。

 けれど、平成15年に遠山川で新たな発見がありました。新しく発掘された二つの埋没木の年輪を詳しく調べた結果、これらが埋没した時代が西暦714年と断定されたのです。

 こうしたことから、いくつかの可能性が見えてきます。
 ひとつめは、遠江地震の発生年については『続日本紀』などの715年説よりも、『扶桑略記』の714年説のほうが正しいのではないかということ。
 もうひとつは、天竜川が堰きとめられたという記録は、その一支流である遠山川での災害が誤って伝えられたものではないかということです。
 埋没林の調査にあたった伊那谷埋没木研究所の寺岡義治さんは、当時の遠山川災害の様子を次のように想像しています。

 大崩壊から数十日が経った頃、大堰堤の決壊が始まり、現在の漆平島から大島にかけて巨石を交えた土石流が押し出し、下流域の遠江では突然の大洪水となり、田畑や民家の流失被害は都にも報じられました。
 池口から遠山川に押し出す土砂は冬まで続き、堰き止められた川沿いの森林は水没しました。秋の台風には洪水によって上流から地震のときに崩れていたヒノキやケヤキ等の巨木が大量に流され、水没した森林の立木の至るところに堰をつくり、漆平島から大島にかけては押し出された土砂が徐々に嵩上げされて、広い扇状地を残しました。
 水没してしばらくは、緑を残していた川沿いの森林は茶褐色に変わり、次の年の春を迎えても再び緑は戻らず、その後も池原に堆積した土砂は、塞がれていた沢水と友に崩れを繰り返しては、蛇抜けや大島など多くの地名を残しました。

 歴史書に残された天竜川の災害とは、はたして本当に遠山川で起こったことだったのでしょうか。残念ながら、まだはっきりした結論は出ていません。
 けれど、山深い遠山川の底から姿を現した埋没林が、都の歴史書の真偽を裏付けることになるなんて、何かロマンのようなものを感じませんか?

  • umoregi梨元ていしゃばに展示中の埋もれ木

▲PageTop


●参考文献
「古代史記述と埋没木の検証」 寺岡義治 『伊那』 2000.4
「遠山川埋没林の検証」 寺岡義治 『伊那』 2001.12
「続・遠山川埋没林の検証」 寺岡義治 『伊那』 2003.8
『南信濃村史 遠山』 南信濃村史編纂委員会編 南信濃村発行 1976

  関連記事

南アルプスルートアクセス

南アルプス登山へアクセス概略図 南アルプス登山アクセス概略図  南アルプス(赤石山脈)の主な山へのルートとコースタイム(目安)で >続きを読む

中央構造線とは

列島を縦断する巨竜。謎に満ちた大断層の歴史に迫る 南アルプス沿いの中央構造線は、その地形と断層露頭がはっきりと観察できる絶好の場 >続きを読む

和田諏訪神社御柱祭

和田諏訪神社御柱祭  寅年・申年は、諏訪大社に限らず県内各地の諏訪神社で御柱祭が行われます。遠山地方でも、和田諏訪神社(南信濃村 >続きを読む

せせらぎの里で陶芸体験

せせらぎの里で陶芸体験  せせらぎの里陶芸館では、訪れた人が気軽に陶芸を体験することができます。体験できるのは、製作過程のうち成 >続きを読む

御柱祭のルーツ

御柱祭のルーツ 御柱の起源について  室町時代に記された「諏訪大明神絵詞」 (※注1) によれば、諏訪大社の御柱祭(式年造営大祭 >続きを読む

遠山川

遠山川 遠山川は、兎岳や聖岳など2,500~3,000m級の山々を水源とし、標高300m付近で天竜川に注ぎ込みます。そのたぐいま >続きを読む

天仁の杜キャンプサイト

天仁の杜キャンプサイト 環境学習のための野外体験施設  天仁の杜は、幼稚園から大学生や社会人まで、幅広い世代が利用できる収容人員 >続きを読む

御射山まつり

御射山祭り 風の祭りから花火大会へ、中世武士の祭典が今に伝わる。 山々に囲まれて打ち上げられる花火は、とても迫力があり身体にその >続きを読む

秋葉街道~現代に残る街道風景~

秋葉街道~現代に残る街道風景~ 山住神社 和銅二年(709)に伊予国越智郡大山祗神社から遷祭されたと伝えられる古社。 高根城主奥 >続きを読む

秋葉街道

秋葉街道~秋葉以前の遠信古道~ 秋葉街道は、秋葉信仰が広まるよりも前から存在していた古い道です。柳田国男はこの道について、「我々 >続きを読む

埋没木が語るもの 長野県最南端の秘湯と秘境の里・山と渓谷に囲まれた里山がここにあります

Copyright © 1998-2016 遠山郷観光協会 All right reserved.

▲ページ先頭へ