長野県最南端の秘湯と秘境の里・山と渓谷に囲まれた里山がここにあります

信州遠山郷

遠山郷観光協会/長野県飯田市南信濃かぐらの湯となり
Tel0260-34-1071 http://www.tohyamago.com/

地図

和田諏訪神社御柱祭

和田諏訪神社御柱祭

 寅年・申年は、諏訪大社に限らず県内各地の諏訪神社で御柱祭が行われます。遠山地方でも、和田諏訪神社(南信濃村)と程野諏訪神社(上村)の二ヶ所で御柱祭が行われます。 

平成28年度 御柱大祭日程
和田 平成28年4月3日(日)
程野 平成28年4月30日(土)
onbashira2015

6年に一度(7年ごと)のイベント

  遠山地方と諏訪大社の関係は古く、嘉暦四年(1329)の諏訪上社の五月会の当番に、遠山氏が任命されたという記録が守矢家文書に残っています。
 和田諏訪神社は、承久元年(1219)に再建されたと伝えられる遠山最古の社の一つですが、御柱祭が行われるようになったのは意外と新しく、明治十七年からのことです。
  神社に残る歴代の献木者名簿には、村の資産家が名を連ねています。献木した家では、斧入式や山出し、そして本祭での来客者の接待を、全て自費で賄わなければなりません。それなりの財力がなければ引き受けられないことであり、だからこそ、その大任を引き受けることが家の誇りになるのです。
 和田諏訪神社の御柱は、七間三尺(約13・6m)のものが一本だけです。木の皮は剥かず、メド梃子はなく、薙鎌も打ちません。木の種類に定めはありませんが、遠山の特産である杉が多く選ばれる傾向にあります。

平成28年度 御柱大祭日程表(和田)

平成27年 12/11(金) 前御柱納め式
平成28年 1/17(日) 斧入れ式
2/14(日) 全戸縄供出 70m
2/21(日) 和田・南和田地区 縄ない・安置
3/12(土) 山出し式
3/27(日) 室堀式 行列予行演習
4/3(日) 里曳き 建御柱祭

御柱行事の流れ

献木見定式

 次々回(十三年先)の御柱を定める式。献木者の親戚、自治会、神社氏子らが参列し、神棚と木前で祭事を行います。この式が済まないうちは、その年の御柱に斧を入れてはならないことになっています。献木者は、しっかりした財力と後継者のある家でなければなりません。

  • yamazakikuniharu平成15年11月13日
    (献木者山崎邦春さん)

前献木納式

 前回の御柱を境内から取り除きます。役目を終えた御柱は、社殿の修復などに利用されます。 献木斧入式  その年の御柱に使う木を切り倒します。見定式同様に神事が行われ、杣役の森林組合員が神斧を幹に当てる所作を行います。神事ののち、木はチェンソーによって切り倒されます。

  • onoire平成16年1月9日 (献木者小林清人さん)

曳縄供出

各自治会長が住民から縄用の藁を集めます。 縄ない式 新町、本町の氏子が、集めた藁で70mの縄をないます。

  • nawanai-2004新町縄ない(2004.3.7)

山出式

 御柱を山から下ろし、遠山中学校の校庭に移します。山の急斜面を引き落とす場面が、見せ場の一つです。

  • yamadasi-2004山出し(2004.3.14)

室掘り

御柱を建てるための穴を掘り、予行演習を行います。

里曳・建御柱(御柱大祭)

 遠山中学校前に約百人の行列が勢揃いし、神社までの一・五kmを「御柱音頭」を囃しながら曳航します。行列の順序は、祓い榊、榊、紋付、はかま姿の村長、神職、氏子総代、自治会長、国旗、宝船、五色の旗、弓、刀、槍、薙刀、神前旗、神社旗、三種神器、若党、進行係、神職、神輿、金銀の采配を持つ音頭、祢宜、室掘り、御柱立て、縄とび、梃子の順。
 諏訪神社境内に曳きこまれた御柱は、ワイヤーを使って建てられ、最後に「てっぺん野郎」と呼ばれる若者が頂上に御幣を打ち込みます。

  • satohiki里曳き(写真:遠山信一郎氏)

  関連記事

埋没木が語るもの

埋没木が語るもの 埋没木  谷がするどく切れこんでいる遠山川流域では、今も昔も土砂崩れが後を絶ちません。  過去には、地震や洪水 >続きを読む

南アルプス主な山の紹介

赤石岳/大沢岳/兎岳/聖岳/上河内/茶臼岳/光岳/池口岳 南アルプスは、(赤石山脈)は、長野・山梨・静岡の三県にまたがり、南北1 >続きを読む

此田神楽

此田神楽 復活から発展へ ~男たちの執念~  獅子舞と聞くと勇壮なイメージが先行しますが、此田地区に伝わる神楽獅子は、振袖をまと >続きを読む

巨木・埋没林

巨木・埋没林 遠山谷の代表的な巨樹、名木、発掘された埋没林をご紹介します。 遠山一族墓碑裏のスギ(観音大杉) 龍淵寺にある遠山一 >続きを読む

御柱祭のルーツ

御柱祭のルーツ 御柱の起源について  室町時代に記された「諏訪大明神絵詞」 (※注1) によれば、諏訪大社の御柱祭(式年造営大祭 >続きを読む

戸倉山登山記

遠山郷のマッターホルン ~戸倉山登山記~ 戸倉山(1,167m)は伊那山地の南部に位置し、「遠山郷のマッターホルン」とも呼ばれて >続きを読む

秋葉街道

秋葉街道~秋葉以前の遠信古道~ 秋葉街道は、秋葉信仰が広まるよりも前から存在していた古い道です。柳田国男はこの道について、「我々 >続きを読む

秋葉街道~現代に残る街道風景~

秋葉街道~現代に残る街道風景~ 山住神社 和銅二年(709)に伊予国越智郡大山祗神社から遷祭されたと伝えられる古社。 高根城主奥 >続きを読む

遠山焼(陶芸)

遠山焼(陶芸) 買うもよし、作るもよし、あったかい器たち せせらぎの里陶芸館では、大皿からお猪口まで、さまざまな遠山焼を販売して >続きを読む

信州撮り歩きフォトクラブ 会員募集中

遠山郷観光協会・会員オフィス・アイの市川さんが 信州撮り歩きフォトクラブを立ち上げました。 2月25日より 写真教室を開催します >続きを読む

和田諏訪神社御柱祭 長野県最南端の秘湯と秘境の里・山と渓谷に囲まれた里山がここにあります

Copyright © 1998-2016 遠山郷観光協会 All right reserved.

▲ページ先頭へ