長野県最南端の秘湯と秘境の里・山と渓谷に囲まれた里山がここにあります

信州遠山郷

遠山郷観光協会/長野県飯田市南信濃かぐらの湯となり
Tel0260-34-1071 http://www.tohyamago.com/

地図

上村の歴史・文化・資料館

上村の歴史・文化・資料館

まつり伝承館 天伯

densyokan

秋葉街道にひらいた上村の歴史・民俗・自然の姿と、国の重要無形民俗文化財である霜月祭りを紹介し、その伝統を保存伝承する施設です。
入場料/大人200円 小中学生100円 休館日/月・木曜日 冬季
開館時間/午前9時30分~午後4時30分 Tel/0260-36-2005

■1階展示室『山と祭りのふるさと』

伝承館 展示物

上村の表情をつたえる歴史・民俗・自然そして観光を1つの空間に凝縮して展示、秋葉街道に沿って発展歩んだ郷土とそこに生きた人々のつくりあげた文化の温かさや魅力を4m余平方の上村の地域模型を中心に60インチ画面の映像も取り入れ紹介しています。

■2階伝習室『霜月祭りの世界』

伝承館 内部

燃えさかる炎を囲み、神仏へ湯を献じて新たな魂の息吹を起こす素朴な信仰と暮らしを伝える国の重要無形民俗文化財霜月祭のすべてを紹介。また保存伝習の場として村内4地区の祭り面や祭のクライマックス四面の舞の再現ジオラマがみものです。

書籍・グッズのご案内

伝承館 販売物

●かみむらの霜月祭り/600円
●信州上村霜月祭/300円
●遠山霜月祭り上村/3,500円
●遠山霜月祭りの世界/2,000円
●遠山谷北部の民俗/2,000円
●上村の植物/1,800円
●遠山川の埋没林/1,000円
●遠山の民話/3,000円
●秋葉街道小川路峠マップ/500円

山村ふるさと保存館 ねぎや

ねぎや 内観

上町正八幡宮の宮本禰宜を代々司ってきたことから、「禰宜屋」という屋号で呼ばれてきました。建物は江戸時代後期のものと推測され、梁・壁・柱はそのままに、土間・囲炉裏・座敷馬屋等当時の姿を再現すべく復元したものです。
入場料/大人100円、小中学生50円
休館日/月・木曜日、冬期
見学時間/午前9時30分~午後4時30分 Tel/0260-36-2005

  関連記事

庚申講の思い出

庚申講の思い出 高齢者の語り ふるさとへの伝言 庚申講が盛んだった頃の様子を、 『高齢者の語り ふるさとへの伝言』から、かいつま >続きを読む

現代に残る森林鉄道の面影

現代に残る森林鉄道の面影 森林鉄道の軌道は、廃線後も村道として利用されてきました。  現在は梨元から北又渡までの林道が寸断されて >続きを読む

遠山郷水溪「あまご百姿」

あまご百姿と題し遠山郷水渓のあまごを中心に、 やまと岩魚、かじかの姿を剥製作品で紹介したいと思います。   絵・文/今 >続きを読む

遠山森林鉄道の歴史

かつての栄華を伝える森のレール跡を訪ねて 森林鉄道というと、長野県では木曾郡上松町の赤沢森林鉄道が有名ですが、かつてはここ遠山谷 >続きを読む

上村の自然

上村の自然 秋葉街道 小川路峠  武田信玄が軍用路として拓いて以降、飯田方面から遠山に通じる重要路として人馬が行き交いました。遠 >続きを読む

no image
【公式PV】遠山GO! vol.1 配信開始

遠山郷観光協会の公式プロモーションビデオです。四季のバージョンを作成予定。 第一段 春です。 プロデューサー 遠山雄 / 監督  >続きを読む

遠山氏の伝説

遠山氏の伝説 遠山氏の滅亡については、相続争いをその原因とするのが歴史学者の定説となっていますが、地元では少々異なる伝説が語られ >続きを読む

和田宿町並み探訪

和田宿  和田の商店街は、現在でも遠山郷の中心地としての役割を担っています。  村の人口減少にしたがって空き店舗も目立つようにな >続きを読む

遠山氏の歴史

名君?暴君?伝説の彼方に息づく戦国の武将 戦国時代から江戸時代初期にかけて、 遠山谷は遠山氏と呼ばれる地方豪族に支配されていまし >続きを読む

遠山桜

遠山桜 谷を彩る春の風物詩 遠山の金さんといえば、桜吹雪。遠山と桜は切っても切れない縁があります。 春になると、遠山谷でもあちこ >続きを読む

上村の歴史・文化・資料館 長野県最南端の秘湯と秘境の里・山と渓谷に囲まれた里山がここにあります

Copyright © 1998-2016 遠山郷観光協会 All right reserved.

▲ページ先頭へ