長野県最南端の秘湯と秘境の里・山と渓谷に囲まれた里山がここにあります

信州遠山郷

遠山郷観光協会/長野県飯田市南信濃かぐらの湯となり
Tel0260-34-1071 http://www.tohyamago.com/

地図

遠山の夕焼け

遠山の夕焼け

谷を彩る幻想・・・逆さまの富士山と赤い兎

遠山谷の彼方に夕日が沈むとき、空は漆黒のV字型に切り取られます。それは、まるで逆さまにした浮世絵の赤富士そっくり。遠山谷ならではの風景の一つです。

この逆さ赤富士を眺めることのできるベストポイントの一つが、盛平山遊歩道。龍淵寺から三分ほど登った場所に桟敷席が設けられ、ここから和田宿と遠山谷が一望できるのです。

「秋から冬にかけて、ハッとするほど美しい夕焼けが見られることが度々あります。いわし雲が夕日に照らされて輝くんですよ。ぜひとも多くの皆さんに、この素晴らしい眺めを見ていただきたいですね」
と、龍淵寺住職の盛宣隆さんはおっしゃっています。

  • sakasafuji盛平山中腹からの逆さ富士

満月と赤い兎

濃紫色に染まった夕暮れの空が、南アルプスの尾根をくっきりと縁どる。その彼方からゆっくりと月が上がり、一瞬、月を頂いた兎岳と聖岳が、最後の夕日に赤く染まる……。
運がよければ、そんな幻想的な光景が小嵐公園展望台から眺めることができます。

県自然保護指導員の斉藤七郎さんによれば、夕焼けと満月が重なるのは一年のうち、旧暦11月15日の1~2分のみだそうです。そのため巷ではこれを「満月の兎伝説」と呼ぶのだとか。
さらに、満月が兎岳のちょうど真上から昇るのは、十九年に一度だけのこと。日本に「兎」と名のつく山は南アルプスと新潟にしかありませんから、これは貴重な一瞬です。
「赤いうさぎ」は午後4時ごろから午後5時ごろが良く見えます。
これ以上遅くなると山も空も暗くなり写真も撮れません。写真を撮る場合は望遠レンズの使用をお勧めします。
赤く染まった兎岳の上空で、玉兎が搗く餅は、紅白の祝い餅かもしれませんね。

満月周期表

 

2016 01/24 02/23 03/23 04/22 05/22 06/20 07/20 08/18 09/17 10/16 11/14 12/14
2017 01/12 02/11 03/12 04/11 05/11 06/09 07/09 08/08 09/06 10/06 11/04 12/04
  • koarasi-map小嵐稲荷神社地図

  関連記事

現代に残る森林鉄道の面影

現代に残る森林鉄道の面影 森林鉄道の軌道は、廃線後も村道として利用されてきました。  現在は梨元から北又渡までの林道が寸断されて >続きを読む

遠山氏の歴史

名君?暴君?伝説の彼方に息づく戦国の武将 戦国時代から江戸時代初期にかけて、 遠山谷は遠山氏と呼ばれる地方豪族に支配されていまし >続きを読む

遠山の滝

遠山の滝 伝説と祈りに満ちた水の芸術たち 遠山郷は谷だらけ、川だらけ。 他にも名もない滝がいくつもありますから、みなさんも探して >続きを読む

黒石岳登山記

広葉樹の宝庫で森林浴を・・黒石岳登山記 黒石岳(1,376m)は戸倉山の北東、泰阜村境にそびえています。 中腹の底稲まで車で行け >続きを読む

熊伏山登山記

信州百名山、秋葉街道を偲ぶ ~熊伏山登山記~ 熊伏山(1,653m)は南信濃村と天龍村との村界に位置し、 南麓は静岡県との県界を >続きを読む

山城 遠山氏の城址

山城 遠山氏の城址 遠山氏は戦国の世を勝ち残るため、遠山谷一帯に多くの城を築きました。   現在でもその城址を見ることができます >続きを読む

遠山郷水溪「あまご百姿」

あまご百姿と題し遠山郷水渓のあまごを中心に、 やまと岩魚、かじかの姿を剥製作品で紹介したいと思います。   絵・文/今 >続きを読む

南アルプス山小屋案内

南アルプス山小屋案内 南アルプス・山小屋の概略図 山の位置は、山岳地図を参照してください。 山小屋料金表 ※山小屋の料金について >続きを読む

和田宿町並み探訪

和田宿  和田の商店街は、現在でも遠山郷の中心地としての役割を担っています。  村の人口減少にしたがって空き店舗も目立つようにな >続きを読む

上村の歴史・文化・資料館

上村の歴史・文化・資料館 まつり伝承館 天伯 秋葉街道にひらいた上村の歴史・民俗・自然の姿と、国の重要無形民俗文化財である霜月祭 >続きを読む

遠山の夕焼け 長野県最南端の秘湯と秘境の里・山と渓谷に囲まれた里山がここにあります

Copyright © 1998-2016 遠山郷観光協会 All right reserved.

▲ページ先頭へ