長野県最南端の秘湯と秘境の里・山と渓谷に囲まれた里山がここにあります

信州遠山郷

遠山郷観光協会/長野県飯田市南信濃かぐらの湯となり
Tel0260-34-1071 http://www.tohyamago.com/

地図

遠山ジンギス

遠山ジンギス

肉とたれに秘められた村の近代史

羊肉(マトン)や山肉などを美味しいたれで味付けしました。山のお土産にいかがですか?

  • jingisu02鉄板で焼くジンギスカン

遠山ジンギス

 近所の衆が集まってユイ仕事。昼飯時になると、誰からともなく軽トラからガスボンベをおろし、コンロの上にデンと鉄板を据えつける。
  近所のおばちゃんが、パンパンにふくらんだビニール袋を両手に提げてやってくる。中に入っているのは、キャベツとビールと遠山ジンギス……。

 そんな光景が、毎週のように村のどこかで繰り広げられています。
  焼肉用の味付け肉は、遠山の暮らしになくてはならない必需品。遠山の人たちは季節を問わず、場所を問わず、いつでもどこでもジンギスカンなのです。
 長野県は、北海道に次ぐジンギスカン大国。その中でも、信州新町と遠山はジンギスの本場です。どうして遠山の名物がジンギスカンなのでしょうか。

  • jingis01ジンギスをつつく人々

遠山ジンギスの起こり

 現在の遠山郷で羊の飼育はされていませんが、昭和28年から35年ころにかけて、当時の遠山村、木沢村では綿羊飼育が奨励されていました。

昭和28年 木沢農協(当時)が神稲市場および福島県から綿羊50頭を導入同29~30年度 山本農協から綿羊40頭を導入同32年 遠山農協(当時)が下伊那畜連から綿羊40頭を導入

 最盛期には、村内で150頭近くの綿羊が飼育されていたのです。しかし、昭和35年頃からその飼育頭数は減少していきました。
  肉のスズキヤ(昭和30年創業) の初代、鈴木理孔さんは当時を振り返ります。

  • suzuki02鈴木理孔さん

 「オレが肉屋を始めた頃、木沢村じゃ農協が音頭をとってホームスパン(羊毛をそのまま染め、手つむぎして織った素朴な織物)用の綿羊の飼育を奨励してた。ところがだんだん羊毛が売れなくなって、オレんところにも『肉として売れないか』って話が来たんだな」

 綿羊の飼育は昭和35年から下火となり、昭和40年頃までに遠山から完全に姿を消してしまいました。しかしその一方で、ジンギスの食文化は確実に村に浸透していきました。その味付けをスズキヤさんに伝授したのは、在日朝鮮の人だったといいます。

 「戦時中は飯島発電所を作るために、約1万人も中国人や朝鮮人の労働者が遠山に来ていたんだ。そんな彼らの一人から、オレはジンギスの味付けを教わったんだよ」(理孔さん)

 昭和50年頃になると南信州産の羊肉も仕入れが難しくなりました。現在、すべての羊肉はオーストラリア産の自然放牧のものを仕入れています。

2001-set

 若旦那の理さんは、 「肉は輸入だけど、タレの味は村の人たちに育てられたものだからね。うちでないと出せない味があるんです。だからやっぱり『遠山ジンギス』なんですよ」

▲PageTop

いろいろなジンギス

  • katamati片町元彦さん

 遠山ジンギスは、 山肉料理の星野屋 さん、上村の清水屋さんでも味わうことができます。星野屋4代目の片町元彦さんは、

  「うちのジンギスは、昔ながらの自家製味噌を使った味付けが自慢です。スズキヤさんのジンギスもおいしいですよね。それぞれの個性を発揮して、お客さんに喜んでいただけると嬉しいですね」 とのこと。

 スズキヤ、星野屋、そして清水屋。それぞれの味の違いが分かれば、あなたはかなりの”トオヤマニア”です。
 遠山ジンギスには、ラムやマトンばかりでなく、豚肉を使った「ぶたじん」、遠山地鶏を使った「とりじん」、名物山肉を使った「ししじん」などもあります。
  つまりは肉の種類が何であれ、焼肉用の味付け肉は何でもジンギス。こうしたおおらかな定義も、遠山ならではの文化なのかもしれません。

genghis03

▼お問い合わせ

肉のスズキヤ  Tel.0260-34-2222 ネット通販もやっています。
山肉料理星野屋  Tel.0260-34-2012 (年中無休)
清水屋 Tel.0260-36-2046 

●参考資料
東京ジンギス倶楽部  東京のジンギスファンのみなさんが作ったサイト。ジンギスカンの歴史や意外な知識、おいしい食べ方などの情報が盛りだくさん。
たくさんとくさん 株式会社パルコムが運営する全国の特産品情報サイト。 第29回「信州遠山ジンギス」にスズキヤさんのジンギスの試食報告が紹介されています。読むからにおいしそう!

▲PageTop

  関連記事

喫茶「かみ」

喫茶「かみ」 軽食や、地元食材を使った定食など 喫茶かみ 上村唯一の喫茶店です。  軽食・飲物のほか、地元の食材を活かした「遠山 >続きを読む

no image
たまり場光穂

たまり場光穂 住所 〒399-1312  長野県飯田市南信濃八重河内104 電話番号 TEL0260-34-5808

ペンション「かぐら山荘」

かぐら山荘 丸太小屋風の建物、日帰り温泉かぐらの湯から歩いて1分  長野県飯田市南信濃 「道の駅 遠山郷 かぐらの湯」のとなりに >続きを読む

遠山の山肉料理

遠山の山肉料理 食べて学ぶ・・人と獣の交流史 遠山の名物と言えば、猪や鹿、ときには熊などの山の肉。 狩猟期間中には何十kgもの大 >続きを読む

星野屋

星野屋 評判の山肉料理の老舗です  評判の山肉料理は、猪鍋。旬の山野菜、そして自家製の信州みそが、絶妙な味付け。熱々のうちに山肉 >続きを読む

二度芋

二度芋 畑と囲炉裏が守り育んだ里山文化 長野県選択無形民俗文化財「遠山郷の二度芋の味噌田楽」 馬鈴薯を煮て、竹串に刺し、えごま味 >続きを読む

猪解体レポート

猪解体レポート  2003年12月、肉のスズキヤさんにお邪魔して見学させていただいた猪解体の様子をお知らせします。取材をOKして >続きを読む

民宿 みやした

民宿 みやした 下栗捨五社の下にある民宿 民宿 みやした 「日本のチロル」下栗の里は、南アルプスの大自然に人々の暮らしが溶け込ん >続きを読む

そば処信玄

そば処信玄 そばつゆは秘伝の雉のダシ 地鶏そば1,200円  南信濃村南和田にある信玄滝…戦国の武将武田信玄が、三河攻略の途路、 >続きを読む

高原ロッジ下栗

高原ロッジ下栗 下栗の里を見下ろす高原の山荘です 『下栗の里』は、最大斜度38度の急傾斜地で、今も雑穀を作り続けている集落であり >続きを読む

前の記事
たまり場光穂
次の記事
遠山の山肉料理

遠山ジンギス 長野県最南端の秘湯と秘境の里・山と渓谷に囲まれた里山がここにあります

Copyright © 1998-2016 遠山郷観光協会 All right reserved.

▲ページ先頭へ